大分県大分市にあるサマンソーイングスタジオ

大分県大分市にあるサマンソーイングスタジオ | 洋服 補正 リメイク 茶道具 薄茶器 金輪寺 大菊蒔絵、鈴木光入作:佐藤大観堂 - 543c9

2019-07-03

茶道具 薄茶器 金輪寺 大菊蒔絵、鈴木光入作

■薄茶器 金輪寺 大菊蒔絵
分類茶道具     r-m2-kinrinji-kiku-kounyu
--------------------------------------------------
【金輪寺(きんりんじ)】

薄茶器の一種で、和物の塗物茶器の初めとされる。

後醍醐天皇が吉野金峯山寺で一字金輪法を修せられたとき、
僧衆に茶を給うため、山中の蔦の古株で作られたといわれる。

また、小型の経筒を茶器に転用したともいわれる。

江戸時代初期までは濃茶器として用いられたが、
のち薄茶器として使用された。
--------------------------------------------------
【 薄茶器】

薄茶の入れ物を「棗」と称されることがよくあるが、
正しくはいわゆる棗型のものを棗と呼び、
それ以外のものは、
それぞれの形に応じた呼び名の薄茶器ということになる。
作者二代 鈴木光入 (すずき こうにゅう)
作者略歴昭和20年 京都に生まれる。

昭和40年より 初代光入に師事。

平成12年 二代目光入を継ぐ。
寸法径7.4cm、 高さ7.8cm。
備考桐共箱、共布、作家栞・略歴付。

新品。
取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他
創業1946年  茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂



■トップページに戻り、他の作品を見る

価格
106,000円 (税込)送料無料
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送